adorohuのブログ

adorohuです。どうぞよろしくお願い致します。(*ー*)

世界と外れる世界観

「三十歳までに世界はただ二種類の人がいます。一種は馬鹿、も一種は自分という人間」
どこかこんな言葉が不意に思い出した。
不意というより、実はその状況に合う今日のことで頭の中に浮かぶ言葉だ。
仕事も何も人と付き合いであれば、いろんな不思議なことが出てくれる。
悪いことも良いことも。
時にはもし人ではないなら、きっとこんな悩みがないだろう。
なぜ人は働かなければならないの。
なぜ人の思いに左右されるの。
なぜ人は怒るの。
なぜ人の誤りに泣くの。
人生の意義は一体何だろう。
。。。。。。。
わかりません。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。